CONNECT TO THE WORLD 世界とつながる旅がはじまる。IACE CANADA

ツアー検索

ニュースレター登録


最新シートセール情報をはじめバーゲン情報、空席情報を配信します。
会員限定の超お買い情報が届くことも!
Emailアドレス *

最寄りの支店 *

 

ペルー旅行Q&A

ペルー旅行に行かれる前にしっかり準備しておこう

 

 Q. ペルーの気候は地域によって違うの?

【リマ】

12月~4月半ばまでは、夏の気候です。半そでシャツで十分です。

4月半ばから気候が変わります。長袖が必要です。6月~9月は冷えることがあり、

セーターや上着が必要です。

冬の最低気温10度を少し下回る程度、夏の最高気温は30度を少し越える程度です。

冬場に少し霧雨が降りますが、その他はほとんど雨が降りません。

【ナスカ】

  年中と通して、夏の気候ですが、夜少し冷えることがあります。

【クスコ、プーノなどの山岳地帯】

  乾期と雨期に分かれます。乾期は、4月半ばから11月半ば、雨期は11月後半から

  4月の前半までです。一番雨の多い時期は、1、2月です。

  朝晩と日中の気温差があり、乾期の朝晩は氷点下近くまで冷え込むことがあります。

  日中は天気がよいと、20度ぐらいまで気温上がることがありますが、天気崩れると

  急激に気温が下がることがあります。脱いだり、着たりできる恰好が望ましいです。

【マチュピチュ】

  日中天気がよいとTシャツ1枚でもよいくらいですが、天気が崩れると肌寒くなり

  ます。夜は少し冷えます。蚊やブヨが発生することがありますので、虫除けスプレー、虫除けの薬があれば

便利です。

 その他の事項:

1.ペルー全般と通じて、日差しが強いので、日焼け対策は怠りなく。

2.遺跡を歩くことが多いので、歩きやすい靴でご参加ください。

3.雨期は雨の中の観光となることもございます。合羽が便利です。

 

Q.通貨・両替について教えてください

 ペルーの通貨は、ソル(ソーレス)です。

 紙幣:10、20、50、100、200ソーレス

 貨幣: 1、2、5ソーレス、1、5、10、20、50センティモス

 両替は、銀行、両替商、ホテルで行うことができます。

 両替できるのは、米ドル、ユーロの紙幣で、貨幣は両替できません。

 日本円は、リマ空港内の両替所などごく一部でしか両替できず、出来るところも

 非常に率が悪いので、米ドルをお持ちになられてください。

 

Q クレジットカードは使えるの?

  ビザ、マスターが一般的です。その他にアメックス、ダイナースが利用いただけます。

  JCBは利用できる店が限られております

  クレジットカード利用の場合は、カード手数料を上乗せして、請求されることが

  多いようです。(数パーセントから10%) 店によって対応がことなりますので、利用時にご確認ください。

  またアメックスのトラベラーズ・チェックは以前はクレジット銀行(Banco de Credito)で

  両替は出来たのですが、今は両替はできません。

 

Q お水は買ったほうがよいですか? 

 ペルーの水道の水は飲料用ではありません。ミネラル・ウォーターをお求めください。

 普通のお水(アグア・シン・ガス=Agua sin gas)と炭酸水(アグア・コン・ガス=

 Agua con gas)があります。

 

 Q 身分証明書携帯義務について教えて下さい。

 ペルーは法律で、身分証明書を携帯するように義務付けられております。

 外国人観光客の場合は、パスポートがそれにあたります。原本でなく、コピーで大丈夫

 です。観光に出られるときは、原本はホテルのセーフティーボックスに預けるなどして、

コピーをお持ちになり、お出かけすることをお勧めいたします。

航空機、長距離バス、列車利用時には、原本の提示が必要です。

セーフティーボックスに預けたものは、チェックアウトごとに取り出してください。

 

 Q ホテルのチェックインの際の注意点

 外国人観光客が宿泊する際に、ホテルにてパスポート&入国カードのコピーを取ります。

 外国人観光客には、宿泊料金の免税(消費税18%分)措置が取られております。

 税務署よりホテル側にパスポート&入国カードのコピーの提出が義務付けられており、

 各ホテルチェックインのときに、コピーを取らせていただいております。

 パスポート&入国カードを紛失した場合、ホテル側がコピーを取ることを拒否した場合

には、免税措置が受けられず、ホテルより税金分の支払いを要求される場合がございます。

 

Q チップについて教えて下さい。

 レストランでのチップ: レストランのランクによっても異なりますが、食事代金の5%前後が一般的です。

 枕銭:一部屋につき1ドルが相場です。

 ホテル、空港でのポーターへのチップ:荷物1個につき1ドルが相場です。

 ガイド&ドライバーに対するチップ:(相場)

  1.送迎(長距離:20分以上)  ガイド 35ドル

  2.送迎(短距離:20分以内)  ガイド 23ドル

  3.観光(半日)         ガイド 58ドル

  4.観光(1日)         ガイド1015ドル

  ドライバーはガイドの60~70%ぐらい。

 

Q 現地空港で支払う出国税について教えて下さい

 ペルーでは、空港使用税は各空港にて、出発時の支払いです。

 ※リマとフリアカ空港税は、航空券に含まれます。

 ナスカ地上絵観光時

   ピスコ空港  :空港税 S/. 13    または  US$5.00

 イカ空港  :空港税 S/.32 またはUS$10.00

 ナスカ空港 :空港税 S/.25.00 またはUS$10.00

 米ドル又は現地通貨の現金のみでの支払いです。カード、トラベラーズ・チェックでの

 支払いはできません。

※ピスコ・イカ・ナスカ空港の空港税ですが、当日のレートや現地の都合により変更になる恐れがございます。

 また、2015年現在の料金になります。

 

Q 高山病について気をつけたほうがよいことはありますか?

 低地より高地へ移動した場合、高山病と呼ばれる症状がでることがあります。

 頭痛、倦怠感、吐き気などの症状です。

 人によって症状が出る方、出ない方がいます。出る方でも症状が軽い方、重い方が

 います。症状が軽い方は、時間とともに治ることがほとんどですので、あまり気にすることはないと思われます。

 注意事項:1.ゆっくり行動をする。

2.暴飲、暴食は避ける。出来ればお酒は控える。

        (高地の初日は飲まないほうがよいでしょう。)

3.バスタブの利用は避け、シャワーのみで済ませる。

(あまり暑くない温度で短時間)

4.水分は多めに取る。

5.深呼吸を行う。(かなり効果あり)

 高山病予防薬:ペルーで市販の薬で、ダイアモックス、ソローチェピルがあります。

 前者は、手先が痺れるなどの副作用があります。(日本では処方箋が必要です。)

 ともに高地に行く前日から服用します。

  睡眠薬は、呼吸を抑制する作用があり、高山病にかかりやすくなります。 高地での服用は避けられてください。

  症状が重い場合でも、酸素吸入を行えば症状が改善することがあります。

 ホテル、観光用車両には酸素ボンベが備え付けられておりますので、お申し出ください。

 酸素吸入を行っても、症状が改善されない場合は、医者の診断を仰ぎましょう。 現地係員、ホテルの職員のご相談ください。

 

Q マチュピチュ行きの列車に乗る際の注意点

 マチュピチュ行きの列車には、スーツケースなどの大きな荷物は載せることが

 できません。大きな荷物は、クスコのホテルへ置いていただき、必要な荷物だけ持って、マチュピチュへお出かけください。

 荷物を置くことができるスペースは、ご自身の席の足元のみです。

 

Q 現地でマチュピチュ遺跡の入場券を買いたいのですが?

 

 遺跡では、入場券を販売しておりません。麓の村の文化庁の窓口にてお求めください。

 購入の際には、現地通貨のみでの販売です。

 マチュピチュ村では、米ドルとの両替の率が悪いので、クスコなどで事前に両替をしておくことをお勧めいたします。

 遺跡までのバスチケットは、バス乗り場で購入できます。米ドルでのお支払いができます。

 

Q ワイナピチュ登山希望のお客様へ

  ワイナピチュへの入山は07:00~08:00の第一グループ、10:00~11:00の第二グループがあります。

 それぞれ1日200人までとなっております。(計400人まで)

 繁忙期は1・2か月前から完売することもございます。ワイナピチュ入場券ご希望の場合は、お早めにお知らせください。

 登山をご希望のお客様は、朝早く行かれることをお勧めいたします。

 足場が悪いところがありますので、登る際には十分に気をつけてください。

 雨が降っている時、激しい雨が降った後の登山は、足元が滑りやすく危険ですので、中止した方がよいでしょう。

 

海外旅行保険は絶対にご加入してください

 ペルーでは物価水準、生活水準の違いにより、不測の事態が生じた場合に、十分な

 補償が得られない場合がございます。出発地にて、必ず海外旅行保険へのご加入をお願い致します。